夏太りとエアコンの関係

夏太りとエアコンの関係

夏太りの原因としては色々考えられますが、「エアコンが効きすぎた部屋に何時間もいること」はその原因の1つとして挙げられます。

 

近年、節電対策の関係上、部屋の温度を必要以上に下げることのないよう指導されるようになりました。しかし、それでもかなり冷え切った部屋の中で生活している人がいます。

 

日中の気温が高くなると、ついエアコンが効いた室内に閉じこもってしまいがちです。だからと言って、無理をして外出する必要もありません。その代わり、部屋の中で軽い運動を行ってみましょう。

 

夏はただでさえ体の代謝機能が低下する季節です。特に普段あまり体を動かさない人は、代謝を上げるためのサプリメント等を活用するとよいでしょう。

 

そのうえ、寒い部屋で過ごす時間が長くなればなるほど、体は冷えから守るために脂肪を作ろうとします。
「夏太り」よりも「夏やせ」のほうが主流であった一昔前であれば考えられないことかもしれませんが、エアコンによって涼しい環境が生み出され、それに伴い脂肪が付きやすい体質となってしまったのです。

 

もちろん、蒸し暑い室内で無理をして過ごすのも体に毒です。くれぐれも体の冷やしすぎには注意するようにしましょう。しかしながら、職場で仕事をしている時は、どうしても寒さを我慢せざるを得ません。そのような場合には、膝掛けを利用したり、上着を着用したりして、体を冷やさないようにしましょう。