マニキュアとペディキュアとは

マニキュアとペディキュアとは

最近では、当たり前のたしなみのようになってきたネイルケア。街のあちこちにネイルサロンができたことで、気軽に通いやすくもなっています。

 

マニキュアやペディキュアを楽しむ女性が増えており、男性もきれいな女性の指先を喜んでくれるかと思いきや、実は男性にはネイルケアへの不評も少なくないようなのです。その一例を、ご紹介しましょう。

 

・常にマニキュアを塗っている人は、家事を全くしない印象がある。
・派手なネイルをしている人は、派手好きで軽い印象がある。
・ネイルに凝り過ぎている人は、お金遣いが荒い印象がある。
・マニキュアは、あまり派手なものより薄いピンクなどが好みである。
・マニキュアが剥げかけているのを見ると、とてもだらしない印象を受ける。
・寒色系のマニキュアやアートのようなネイルは、生理的に受け付けない。

 

実際に、マニキュアをきれいにしていたり、飾りをつけたネイルケアを楽しんでいる女性はどうやって家事をしているのだろうという疑問もわいてきます。手袋をして家事をしている場合もあるでしょうが、それでは男性が幻滅するのにも納得してしまいます。

 

ペディキュアのように普段は見えない部分にお洒落をするのは、男性からも好評なようです。しかし、派手な色のネイルをよく思っている男性は、意外にも少ないのだということがわかりました。

 

ただ、マニキュアにも薄づきの色でハッとさせられるような魅力を放つものがあります。そんなマニキュアなら、男性にも応援してもらえるのではないでしょうか。