表情筋が衰えるとほうれい線の原因に

表情筋が衰えるとほうれい線の原因に

ほうれい線が現れる原因は幾つかありますが、その1つに「表情筋の衰え」が挙げられます。誰にでもある表情筋の働きによって笑顔になったり泣き顔になったりと、顔は表情を作ることができるのです。けれども表情筋というのは筋肉ですから、鍛えていなければ衰えて垂れてきてしまうものです。

 

そして表情筋の衰えによってほうれい線がくっきり出てきてしまいます。例えば笑顔になった時に強く見られるシワは笑いジワなどと呼ばれることもありますが、この笑いジワを嫌がってあまり笑わないようにしているという方もいるようです。

 

しかしながら笑いジワを抑えるために笑顔を控えていると、表情筋の衰えに繋がります。笑顔や泣き顔はしっかり作っておいた方が表情筋が鍛えられるので、ほうれい線の予防になるのです。あなたの周囲に表情豊かな人はいませんか?

 

表情筋を思いっきり動かして表情豊かである人は、なんだか若々しく見えませんでしょうか?若々しさと表情筋というのは密接に関係しています。表情が乏しいとか、あまり笑顔が見られないという人はネガティブで暗いと感じられることが多いですし、表情の乏しさは表情筋の衰えに繋がり、より一層老け顔に近づけてしまうのです。

 

表情筋を鍛える一番の方法は、やはり思いっきり笑って思いっきり泣いて・・・といったように表情を豊かに表現することです。思いっきり口を開けて笑うと同時に目も思いっきり細めてみる。泣く時も同様ですし、怒る時にも思いっきり表情に出してみましょう。

 

たったそれだけのことでも表情筋のトレーニングになります。また、体が弛緩してリラックスできる入浴タイムにも喜怒哀楽の表情を思いっきり作って、表情筋を鍛えましょう。まずは鏡に向かって喜怒哀楽の表情を作ってみて、自分の表情筋の動きを見てみましょう。思いっきり動かせている部分、動きが足りない部分を観察して、表情筋トレーニングに努めましょう。